代表取締役メッセージ

厳しすぎるマネジメントは社員を疲弊させるだけだった・・・
社員を大切にできる会社へ!

正直に言うとリアルオンは「なぜできないのか!」を詰める毎日のバリバリの営業会社でした。ときには泣き出す社員もいるほど目標数字の未達、連絡ミスなどに対して徹底的に叱り飛ばす厳しい指導をしていました。
そのことで去っていく社員が一人、また一人・・・。
欠員のたびに採用募集を行っても、結局同じことの繰り返しで低い定着率が続いていました。

「これではブラック企業と思われても仕方がない、社員が長く働ける会社にするために何とかしなければ・・・。」
危機感から本気で社内改革を進めるために経営幹部層が合宿で研修を受けたり、経営コンサルタントから直接指導を受けるなど積極的に改革のための学びを行ってきました。

働きがいを高める会社へ

「働きがいがある」「この会社が好き」「自慢できる」という会社にするために、私たちは次のような取り組みを行っています。

【チームで目標を達成する】

チームで目標を達成するためにはお互いの協力が必要です。
能力の高い人だけが成果を出し、そうでない人は足を引っ張り続けるのであれば不公平感や不満につながりますが、できる人はできない人に対して積極的にアドバイスを行ってチームで成果に結びつけるように努力します。
成功したこと、失敗したことを分かち合い、連帯感を育みます。

【個人を尊重する】

お互いを尊重し、成果を上げていけるように能力アップの機会を与えます。短期間で、できるできないを判断するのでなく、良いところを見つけ、伸ばしていけるように研修やアドバイスなどを行い、成長の機会を提供しています。ライバルというより共に戦うパートナーとしてのたがいの信頼関係を重視しています。

【組織を伸ばす】

会社という組織がトータルで伸ばしていけるように、社会の中での会社の役割、各々の仕事の意義、個人役割を感じてもらうための取り組みを行っています。
また、社員も会社組織を構成する重要な一員であり、顧客の前では会社を代表する人材です。現場で感じたこと、改善に向けての前向きな意見を吸い上げて対応する仕組みがあります。

リアルオンは生まれ変わりました。
これから入社してくる新しい仲間にも居心地の良い働きがいのある環境を整えてお待ちしています。

代表取締役
仲尾 卓史